パカパカチェック!

トレインチャンネル 映像制作技術 HDCAM XDCAM Prores
業界では、パカチェッカーとも呼ばれていますが、テレビ放送においての、サブリミナルや過度な点滅表現を避けるために、1998年に民放連が、放送番組の入稿基準で定められたものです。
具体的には、
 
1. 映像や光の点滅、特に「鮮やかな赤」の点滅
2. コントラストの強い画面の反転や急激な場面転換
3. 規則的なパターン模様の使用
 
について、細心の注意を払うよう喚起するというものです。
このチェックがOKにならないと、放送できません。
 
最近、弊社では、スマホの普及の影響か、スマホアプリゲームのスポットの制作・入稿が多くなっています。BD用のコンテンツではOKでも O.A.用では、OKでない場合が多く、アニメーション表現を含んだ他社さんのコンテンツもあり、パカパカしないように、再度修正する必要があります。 
当社では、JPPA会員社である以上、このガイドラインに正しく納品する必要があり、以前より日立製「FLICKER CHECK」を使用しておりますが、あくまで、目安で局独自に判断基準を設けている局もありますので、複数キー局に納品する場合は、事前考査や予算などを十分に確保(通常より約2週間以上+アルファ)して余裕をもってスケジューリング。予算確保をお願いいたします。
 

 

すでに、月に10本ほど、全国枠(キー局系列)で搬入しておりますが、時々、返却される事態もありますので、そのような演出意図をもった作品は、事前にお問合せ頂くよう、お願いいたします。
(社)日本ポストプロダクション協会

 JPPA正会員社

友だち追加数

「友だち追加」して頂けますと、スマホから、個別対応可能!

トレインチャンネル 映像制作技術 HDCAM XDCAM Prores

メールお見積・ご相談

ココクリック
※24時間以内にお返事致します。

営業時間

10:00AM 09:00PM
      weekday

※特急の場合は、
土日祝日・時間外受付も可能